top of page

大阪シアターセブン初日舞台挨拶&後半スケジュール決定!



本日、映画「今日もどこかで馬は生まれる」の

大阪・十三シアターセブンでの上映初日を迎えました。


大阪での上映は、優秀作品賞と大阪府知事賞をW受賞した

8月の門真国際映画祭以来となりますが、

映画館での上映はこれが初めてのこと。


あらためて大阪で上映する機会をいただけたことに、

スタッフ一同、心から感謝いたします!


初日舞台挨拶をリモートで実施


上映終了後には監督の平林がリモートで舞台挨拶を行い、

「引退馬のその後」をテーマに映画を作るに至った経緯や、

撮影時の苦労、印象深かったことなどを話しました。


その後、お客様との質疑応答も行われ、

劇中でさまざまな出演者が口にする「割り切る」という言葉について、どういう思いを抱いているかとたずねられました。


平林は、


「競馬のビジネスという側面が生む合理的な判断と、 目の前にあるものは紛れもなく生き物であるという 相反するような二つの事実に直面する立場の人が 映画に出ている。 その二つの事実の狭間で心をかき乱されるが、 時は進むし、目の前の一頭がいなくなれば また次の一頭がやってくる。 その流れになんとか立ち向かっていくために 『割り切る』という言葉が生まれるのではないか」


と答えました。



上映後半のスケジュールが決定!


未定だった上映後半のスケジュールが

以下の通り決定しました。

 

●11/14(土)・15(日)15:55-

●11/16(月)~20(金)16:40-


シアターセブン大阪市淀川区十三本町1丁目7-27

サンポードシティ5階

▼詳しいアクセスはこちらから


Twitterでこの映画を紹介してくださっている方、

感想を寄せてくださっている方、

どのツイートもすべて拝見し、励まされています。

 

引き続き応援の程、どうぞよろしくお願いいたします!

 

Creem Pan 一同

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page