top of page

現在、競走馬を引退した

サラブレッドの多くが、
乗馬に転用されているとされていますが、
サードキャリア以降の統計は存在しておらず、

多くの馬が若くして

命を終えていると言われています。


競馬があるから多くの馬が生まれ、
多くの馬が命を落としています。

 

しかし、競馬があるから、私達は馬に対して、
興味や愛情を持つ事が出来たという
事実もあるのではないでしょうか。

 

一方的に何かを悪として非難するのではなく、
今出来る事を考えたい。
人と馬が共生する道をもっと探したい。
この映画は人と馬の

「これから」を考える映画です。

現在、競走馬を引退した

サラブレッドの多くが、
乗馬に転用されているとされていますが、
サードキャリア以降の統計は存在しておらず、

多くの馬が若くして

命を終えていると言われています。


競馬があるから多くの馬が生まれ、
多くの馬が命を落としています。

 

しかし、競馬があるから、私達は馬に対して、
興味や愛情を持つ事が出来たという
事実もあるのではないでしょうか。

 

一方的に何かを悪として非難するのではなく、
今出来る事を考えたい。
人と馬が共生する道をもっと探したい。
この映画は人と馬の

「これから」を考える映画です。

多くの馬が若くして
命を終えている

Introduction

イントロダクション

映画完成までの道のりと

「つくるの先」を紹介します。

『今日もどこかで馬は生まれる』監督

平林 健一

1987年、青森県生まれ、千葉県育ち、渋谷区在住。 幼少期から大の競馬好きとして育った。自主制作映像がきっかけで映像の道に進み、多摩美術大学に進学。卒業後は株式会社Enjinに映像ディレクターとして就職し、2017年に社内サークルとしてCreem Panを発足。その活動の一環として、映画「今日もどこかで馬は生まれる」を企画・監督し、2020年に同作が門真国際映画祭2020で優秀賞と大阪府知事賞を受賞した。2021年にCreem Panを法人化し、Loveuma.の開発・運営をスタートする。競馬関連のコンテンツ制作を生業にしつつ、メディア制作を通じた引退馬支援をライフワークにしている。
Kenichi Hirabayashi Official Site >>

Story

ストーリー

「人と馬がこれからも共に生きていくために必要な事とは?」

その答えを探して私たちは、
競馬をこよなく愛するファン、馬主、調教師、生産者、
馬を生かしたビジネスを展開する経営者など、
様々な立場で馬と関わる人々を訪ねました。